あれ!前とちょっと違う!!整形を告白した男性芸能人

公開日: : 未分類


スポンサーリンク


こんにちは、松本です。

テレビを見ていると、あれ!この人、前と顔が違う!と思うことはありませんか?

今回は整形を告白した男性の芸能人の方をご紹介していきたいと思いますね!

千原ジュニアさん

千原ジュニア

千原ジュニアさんが整形をしたきっかけとなったのは交通事故なんです。

2001年にバイクの事故を起こしてしまい、顔面を地面に強打をしてしまいました。

その時の事故はあまりにも壮絶で、生きていなくても不思議ではなかったと言われています。

また顔面を強打して大けがをしているので、お医者さんからは「もう二度と顔が元に戻ることはない」と言われていたのですが、同じ芸人仲間がなんとか、事故前の姿を取り戻すことができるように

高須クリックの高須克弥院長に頼んで、顔の整形手術を行いました。

テレビで千原ジュニアさんの顔を見るとちょっと左右のバランスが違うように見えるのですが、あまりに事故の衝撃がすごかったのでしょう。

ここで昔の写真をみてみましょう!

千原ジュニア

昔の写真と今の写真は全然違いますよね!笑

というか、昔が厳つすぎて怖すぎます笑笑

「ジャックナイフ」と言われていた所以はこの写真を見るだけでちょっと解る気がします。

交通事故で整形をしなくてはいけない状況だったのですが、生きていて良かったですよね。

テレビではパネラーだけではなく司会業としても今度人気を博していくでしょう。今後の活躍も期待ですよね!

2700 ツネさん

2700 ツネ

「右ひじ左ひじ交互にみて!」というギャグで一世を風靡しましたよね!

2700というコンビのボディー担当として活躍されています。

2008年にコンビを結成してわずか8ヶ月でキングオブコントに出場している実力派として知られていますが、

そんなツネさんも過去に整形をしたことがある芸能人の方なんです。

まだ東京に進出する前に大阪にいたのですが、そのときに目の整形をしました。

元々目が小さいことにコンプレックスを持っていたようで、一重から二重へと変身を遂げました。

その費用は80万円とあり、美容整形として高額の部類に当たりますよね。

お子さんの画像をブログで上げているのですが、お子さんは一重だそうで、小学生に上がる前までに

二重になるようにと祈っていることも明かしています。

お子さんの目も気になってしまうほど目に異常な?こだわりが有るのかもしれませんよね。

ツネさんは筋肉質な身体ですし、顔もカッコいいと思うのでそこまで気にしなくても良いのではないか?と私は思ってしまいます。


スポンサーリンク


尾形貴弘さん

尾形

テレビ朝日の333(トリオさん)の出演をきっかけにテレビに出始めたパンサーの尾形貴弘さん。

高校時代はサッカー部に入り、その後お笑い芸人として吉本興行に所属しました。

パンサー尾形さんの名が全国区となったのは、「ロンドンハーツ」のどっきりではないでしょうか?

そのどっきりを仕掛けたのは水崎綾女さん。

水崎綾女

いやー、すっごくセクシーな方ですよね!

こんな方に「仲良くしてください♡」なんて言われたら、絶対に断ることはできないのではないでしょうか?

だって普通の綺麗ですし、ボディーラインも最高ですからね。

ロンドンハーツでのどっきりの時には尾形貴弘さんの性格にも注目されています。

例えば、平成のぶしこぶしの吉村さんが水崎綾女さんのことを褒めたら

「確かに顔はいいけど、性格は全く良くない」

「人によって態度を変えるから人間的に良くない」

と尾形さんは発言しており、独占力の強さと性格の悪さからネット上でも「子供っぽい!」と炎上していました。

そんな尾形さんは目を整形したのではないか?と言われています。

なんと以前の写真があるのでみてみましょう。
スクリーンショット 2016-01-24 21.37.20

これは「個人情報グランプリ」という番組で高校の卒業アルバムの写真が暴露されてしまいました笑

まぁ高校はサッカー部でサッカー一筋だったのでおしゃれとは無縁だったのでちょっとださい感じがするのは仕方がない感じもしますよね。

それだけスポーツに熱中していたということでしょう。なんと名門中央大学へスポーツ推薦で入学をしているのでサッカーも上手だったのが伺えます。

写真を見比べてみると目と鼻が少し違うのでいじったのはこの部分でしょう。

今は綺麗なぱっちり二重なので、目力が入れるために整形したと言われています。

松田優作さん

松田優作

主演したドラマ『探偵物語』など、後進への影響も大きく、男気に溢れ情に厚く、その勇猛な人間性と卓越した演技力から、1980年代を通じてもっとも重要な日本の映画俳優の1人、カリスマと評されている。

出典:松田優作 – Wikipedia

松田優作さんは
「太陽で吠えろ!」で一気にその名を全国区にしました。

演技派の男優として活躍し、演技力でたくさんのドラマを彩りましたよね。

お子さんは俳優の松田龍平さんと松田翔太さんなのは有名ですよね。

「ひとつのドラマに命をかける」ことをモットーとして掲げ、

役作りのために身長を低くする目的で足を切断しようともしていました。

その役のイメージと自分を重ねたときにどうしても185cmある身長は有っていなく、身長を縮める手術を受けようと本気で考えたのですが、

ドラマ監督と医者が必死になって松田優作さんを止めた!なんて逸話も有名ですよね。

そんな松田さんはまだ無名時代に少しでも人目について目立とうとしたときに思いついたのが整形でした。

目が小さいことにコンプレックスを持っていたので二重にする整形手術を受けたのですがお金がなかったので、なんと抜糸は自力で行いました。

役者という職業を全うするために必死になって自分を磨き上げた姿は人々に感動を与え、今でも役者として活躍している方も松田優作さんにあこがれをもっている人はたくさんいるのは納得出来ます。

いかがでしょうか?

カミングアウトはしていない男優さんも実は結構整形手術を受けているのではないか?

別に整形がいけないわけではないですし、夢や目標を叶える手段としては有効なものではないでしょうか?


スポンサーリンク




18.44.37

関連記事

堺雅人

学習障害に悩まされ続けた芸能人・有名人

こんにちは、松本です。 学習障害というのは発達障害のひとつであり学習面で他の子と比べると遅れを

記事を読む

no image

地下鉄サリン事件からはや22年 広瀬健一はなぜオウム真理教を信仰したのか?

日比谷線にサリンがまかれ、6000人の被害者を生んだオウムサリン事件からはや22年が経ちました。

記事を読む

kawaei

心的外傷後ストレス障害を患ってしまった芸能人・有名人

こんにちは、松本です。 心的外傷後ストレス障害(PTSD)というのは生命の危機や今まで経験した

記事を読む

bubuyb

「恋のから騒ぎ」塚越友子の今!心理カウンセラーの前は銀座のホステスだった

1973年11月14日生まれ、愛知県出身(生まれはスイス) 東京女子大学卒業

記事を読む

岡村さん

うつと躁を繰り返してしまう双極性障害が疑われる芸能人

双極性障害は躁状態(そう)と鬱状態を繰り返してしまう気分障害に分類されています。 双極性感情障

記事を読む

ジミー大西の作品

高機能自閉症になると特異な才能を開花させることがある!有名な芸能人とは

こんにちは、松本です。 今回は高機能自閉症だと噂されている芸能人のある方についてお話していきた

記事を読む

スクリーンショット 2016-01-29 16.27.27

鼻をまっすぐ綺麗に!鼻プロテーゼをしている疑惑が持たれる芸能人・有名人

こんにちは、松本です! あれ?最近ちょっと見ていない間に綺麗になっていない? と思う芸能

記事を読む

スクリーンショット 2016-02-14 20.00.37

それキャラ設定?まじなの?天然すぎる芸能人・有名人

今回は天然過ぎる芸能人の天然エピソードをお話ししていきたいと思います! あまりの衝撃トーク

記事を読む

菅野美穂

え!いつ練習していたの?英語が堪能でペラペラに話せる芸能人・有名人

英語が堪能な芸能人・有名人をお話ししていきたいと思います! ドラマ、映画、cdなどで幅広く活躍

記事を読む

uedashinya-bancho

芸能人の黒い学生時代を集めてみましたw 顔を覆いたくなる黒歴史

反町隆史さん 出典:http://geinoutime.com/sorimatitakashi

記事を読む

wgawe
クリス・ハートが日本国籍取得!日本に興味を持ったきっかけは?国籍取得の条件は?

綺麗な歌声で一躍時の人となったクリスハートさん。 サンフ

14.45.24
2017年度事務所から解雇宣告を受けた女性芸能人一覧

太田希望さん 2017年2月14日にこのような投

14.45.24
2017年度事務所から解雇宣告を受けた男性芸能人一覧

山本裕典さん 1988年1月19日生まれ エヴァー

18.22.47
中川絵美里は第二の岡副麻希に??「oha!4」と「Jリーグタイム」のキャスターに就任!

第二の岡副麻希になるかもしれない!!! 中川絵美里のプロフィ

no image
濱松恵が売名か!東京03豊本とのゲス不倫のLINE画像はまじだった!元カレは全員芸人

『恵ちゃんがかわいそうになって・・・。 「とてもまじめな人。婚約

→もっと見る

PAGE TOP ↑