濱松恵が売名か!東京03豊本とのゲス不倫のLINE画像はまじだった!元カレは全員芸人

公開日: : 最終更新日:2017/03/30 女性芸能人

『恵ちゃんがかわいそうになって・・・。

「とてもまじめな人。婚約者がいるってわかっていたけど、本当に好きになってしまった。

入籍していないから、もしかしたら・・・」と、彼に夢中だったんです。』

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
『恵ちゃんから、よく話を聞いていくと、食事に行くわけでもなく、だいたい新宿の歌舞伎町のホテルで行為をするだけの関係だったんです。

(一部、過激な言葉の為に修正。)

LINEのやり取りを見ながら、付き合うのはやめなよ、ただ遊ばれてるだけだよって言ったのですが・・・』

2017年3月発売のフライデー


スポンサーリンク


ブログで釈明

不倫騒動とlineでの卑猥な会話が流出してしまったことに関して、

濱松恵さんは公式ブログで以下のように語っています。

本日発売の「写真週刊誌FLASH」で報道されました、

東京03豊本明長さんとの件についてご報告させて頂きます。

誌面やネットで書かれている通り事実なので反論のしようがないのですが、

ご迷惑をおかけしてしまった関係者の方々には深くお詫び申し上げます。

元々、恋愛体質という性格もあるのですが、今回のLINE流出は見た方には過激だったかもしれませんが、
私の中では普通の会話と思っていました。

恥ずかしさとかはありませんが、
信頼していた友人に裏切られたのが今回の報道で1番ショックでした。
(もう友人とは思っていませんが…)

ただ、男女ならこういう会話って時にはする事あるんじゃないかなと思います。。。

なので、お騒がせしてしまった事は申し訳なく思っておりますが

あまり叩かないで頂ければ、、、と思っております。

今後は友達には相談事はしません。と心に固く誓いました。

そしてこの報道の事実が発覚してから、ずっとそばで支えてくれたHマネージャー含め事務所の方々には心から感謝しています。

ショックで落ち込んでいた私のそばにずっとついてくれて明るく励ましてくれたHマネージャー、ありがとう。

最後に関係者の皆様、ファンの皆様、ご迷惑とご心配をおかけしてしまい申し訳ありませんでした。

出典 http://ameblo.jp/megumi-hamamatsu/entry-12260306849.html

んー、恋愛の体質や恋愛の価値観は自由ですが、

いただけないのは、「友人が裏切った」ということですよね。

芸能人のネタは高値で売買されるために友人に売られてしまったのでしょう。

恋愛の体質はすぐに変えることはできませんが、
芸能人という身分なのでもう少し気をつけた方が良かったのかもしれませんね。

というか、勝手にラインが流出するなんて考えられません!
芸能人といっても普通の人ですからね。

プライベートはプライベートですよ。

不倫とか浮気のように言われてますが、

最初に出会った時から彼とはいろいろな話をして、既婚者でもなく、

フリーの状態だと理解した上で会っていた。

が私に話した事をずっと信じていましたし、まだ信じたいとも思っています

出会いの当初はフリーだったと思っていたんですね。

決して不倫をしたくてしたわけではなさそうです。

東京03の豊本明長

豊本明長(とよもと あきなが)

1975年6月6日生まれ

東京03というトリオのお笑いを組んでやっています。

コントの実力派であり、バラエティーにも数多く出演している芸人さんです。

以前、島田紳介さんが「東京03」に生放送中に激怒したことで、一時はテレビ出演本数が激減したこともあり、
なにかと、ツイテいないんです。

せっかく実力があるのにことあるごとになにかをしてしまうんですよねー

16.46.59

フライデーの発売の前に一度当事者に連絡が入るのですが、

豊本さんのTwitterは今回の事件の前から更新されおらず。。。。

騒動のほとぼりが冷めるのを待っているのでしょうか?

豊本さんは2014年に
女子プロレスラーのミス・モンゴルこと上林愛貴さんと結婚をしており、離婚はしていないため既婚者です。

なので濱松恵さんと不倫状態だった!ということですね。

ベッキーに始まり、芸能界では不倫騒動が非常に多くなってきており、歯止めが効かない状況に成っています。

小学生時代からのプロレスファンで、プロレス好きお笑い芸人の中でもマニアックとして有名。

観戦団体はドインディー中心で、

2010年7月から2013年5月まで『週刊プロレス』で隔週連載されたコラム「東京03豊本のプロレス、知れば知るほど。」

でも北都プロレス巡業観戦記などのマニアックさが発揮された

プロレス好きで女子プロレスラーと結婚したのですが、今回の件で奥さんはかなりショックを受けているようです。

濱松恵が過去に交際していた芸能人

狩野英孝→川崎麻世→エグスプロージョンおばらよしお→東京03豊本

このような流れです!

出会いが多いので仕方が無いかもしれませんが、

ちょっとこの流れが引いてしまいます>< 公式ブログでも「自分は恋愛体質だ」と語っていますが、 それでももう少し工夫して交際することをおすすめしますね おばらよしおさんの子供を妊娠したのですが、流産したことも事実のようで

週刊FLASHでその様子が激写されています。

未成年に手を出してしまった狩野英孝さんが濱松恵と交際したときにはまだ狩野さんは離婚までで既婚者でした。

川崎麻世さんもカイヤさんという奥様がいますよね。

ということは過去に交際していた芸能人の全員が実は
「既婚者」だったのです。

濱松恵が相手の素性を把握しているかはわかりませんが、
本当の意味で愛し、愛される日が来ることを私は望んでいます。

悲しませる人がいる恋愛は良くないですからね!

豊本釈明が釈明ツイート

このようにツイートしました。

12.09.30

このツイートに対してのコメントは否定的なものではなく、

応援するコメントが多く寄せられています。

この件で世間を騒がせてしまったのですが、これも経験ですね。

これからは奥様を大切にされていくことでしょう。


スポンサーリンク


More from my site


関連記事

no image

大和田美帆が不妊症・出産から復帰!過去には放送事故を起こした?

まずはプロフィール 出典:http://www.sponichi.co.jp/ente

記事を読む

%E5%90%89%E5%B2%A1%E9%87%8C%E5%B8%86

吉岡里帆は母と顔がそっくり!話題のグラビアの前に彼氏と別れた?

まずはプロフィールから 出典:ateam-japan.com 1993年

記事を読む

山本舞香

山本舞香の性格って?元共演者が語る意外な素顔!ジャニーズとの恋愛はしていない?

まずはプロフィール 出典:www.sponichi.co.jp 1997年10月17日生

記事を読む

337317_615

塩顔女子!足立梨花は川隅美慎と交際!バラエティーでも良い味出してるよね

まずはプロフィールから 出典:http://news.walkerplus.com/artic

記事を読む

森川葵

ドラマでの「ベロチュー」が話題!!森川葵は例のドラマで出会ったイケメンと熱愛中?

まずはプロフィールから 1995年6月17日生まれ、愛知県出身、名古屋市立工芸高校インテリ

記事を読む

o044305911364190684517

あびる優の元カレ一覧!結婚した才賀紀左衛門とは離婚間近なのか?

まずはプロフィール 出典:http://profile.ameba.jp/abiru-yu

記事を読む

pakdee_01_16

タイ出身のメイ・パクディをwiki風に解説してみました!中野にあるタイ料理店のオーナー業は大忙し?

まずはプロフィールから 出典:http://spacecraft.co.jp/model/pr

記事を読む

高嶋香帆

いま大注目の高嶋香帆!遅咲きだが期待のグラビア女優の生態に迫る!

まずはプロフィール 出典: 1992年1月20日生まれ、大阪府出身 2011年

記事を読む

wa

鈴木梨央は第二の芦田愛菜になるのか?評価が高いのは演技ではなく◯◯だった!

まずはプロフィールから 出典:http://fiowertrend.com/926.html

記事を読む

6.42.24

岡井千聖にはなんと19歳年下の○がいた!男性二人をお持ち帰りした過去を謝罪!タバコ疑惑?

まずはプロフィール 出典:http://idobatakaigi0510.com/3100.h

記事を読む

17.42.46
芸能界にもいる料理男子!料理が上手い男性芸能人ランキング

テレビの料理番組や番組の料理コーナーで、自慢の料理の腕を披露する男

17.50.40
男性芸能人の中でも最もピアノの演奏が上手いのは誰?ランキング形式でお伝え

小さい頃の習い事として、ピアノは女の子にはもちろん、男の子にも人気

17.27.45
ゴルフがプロ並みに上手い芸能人ランキング!No1プレイヤーは誰?

一昔前は、芸能人といえばゴルフというぐらい、ゴルフは成功した芸能人

wanpi
国民的漫画!「ワンピース」への愛が止まらない芸能人ランキング!

「週刊少年ジャンプ」で20年以上連載されている超人気少年漫画、『ワンピ

kyozin
「進撃の巨人」が好きな芸能人ランキング

圧倒的な力を持つ巨人を前に、人間が闘いを挑んでいくという、これまでにな

→もっと見る

PAGE TOP ↑