7大陸最高峰完全制覇達成した南谷真鈴!早稲田大学在籍の美女でもある

公開日: : 最終更新日:2016/07/22 未分類


スポンサーリンク


まずはプロフィールから

CnIW6DNUcAAD5M4

南谷真鈴(みなみやまりん)
早稲田大学政治経済学部

1996年12月20日生まれ、神奈川県出身。父の仕事の関係で香港にいたこともあります。

エベレスト登頂にかかった日数は2106年5月23日の朝

わずか13歳のときから全世界の山に登る目標を立て、見事に2013年にはチベットのミニヤコンカに上り、今回はエベレストの登頂に成功しました。

  • マナスル
  • ビンソン・マシフ

の登頂にも成功をしているのです

世界でも登山家として有名な野口健さんも絶賛の働きをしたということでしょうね。

しかも年齢はまだ19歳。早稲田大学に通いながら登山するための準備をしていたようです。

最年少記録は塗り替えられたばかりだった

最年少記録はその少しまえに「伊藤伴(いとうばん)」さんが塗り替えたばかりだったのですがあっさりと記録を更新してしまったんですよね。

だから本当に凄い快挙なのです。

7大陸最高峰完全制覇達成

  • ヴィンソン・マシフ(南極)
  • コジオスコ(オーストラリア)
  • キリマンジャロ(アフリカ)
  • アコンカグア(南アフリカ)
  • デナリ(北アメリカ)
  • アルプス(ヨーロッパ)
  • エベレスト(アジア)

これらすべての大陸にある山を登ることができたら7大陸最高峰完全制覇達成となるのですが

わずか19歳で7大陸最高峰完全制覇達成となりました。

エベレストに昇って注目を集めたのが2106年5月23日、

その一ヶ月半後の2016年7月4日に北アメリカ大陸のデナリの山を登ることができたのです。

これってもの凄い快挙ですからね。

しかもスポンサーにはあのユニクロが付いていたので物資や登頂着は完璧だったと思われます。

超大手衣服メーカーがついていたのでかなりプレッシャーにもなったのですがそれでも周囲からの応援をプラスに変えることができたのは本当に良かったのではないでしょうか


スポンサーリンク


早稲田大学政治経済学に在籍

早稲田大学の中でも一番偏差値が高く、入ることが難しいと言われる政治経済学

私立で最も難関な学部に所属しており、さらに登山でも有名になるなんて本当に才女ですよね。

スポンサーはついているのですが、基本的にはなにかの組織に属することなくやっていくようです。

企業などからも積極的にアプローチがかかっているのですが基本的には自分ができることはすべて自分でやっていきます。

滑落しても大丈夫だった!

なんと滑落を経験したのは高校3年生のときで5人体制で「八ヶ岳連峰の阿弥陀岳」を昇っているときでした。

びっくりするのはなんと200m近く落ちていったようです。

でもでも無事でさらにびっくりですよね。体を凍結から守ってなんとか後遺症も発生することなく無事で済んで良かったです。

この1年後にエベレストを制覇しました。

当時はこの滑落したことが新聞に取り上げられたので、そのから認知度が少しずつ上がって行きました。

お父さんはお金持ち?

お金持ちかどうかはわかってはいません。

しかし幼少期から海外で生活をされていたので生活に困ることはなかったとおもわれます。

またもしお金がなかったら登山費を払うことはできませんからね。

ちなみにエベレストの登山費だけで100万円は最低でもかかります。

掛かる金額は3種類あって

  • 入山料
  • 登山費
  • 移動費

です。

エベレストの標高を一定以上高く昇るのであればそれに対するお金がかかってきます。

ネパールが管理しているのでネパール政府に1人当たり100万を支払うのです(これはグループでの参加した場合、ひとり当たりの値段、ひとりだけの登山なら150万程度)

さらに登山をするための食料費、テントや装備にかかる登山費。

エベレストに行くまでの移動費(交通費)もかかりますし、ネパールに到着してすぐに山に登るわけではないのでホテルにとまりますがその滞在費だってかかります。

これまでたくさんの山に昇って来られたとおもうのですが推定では2500万円以上は経費として掛かっているでしょう。

これだけのお金を捻出するために普通のサラリーマンの家庭では難しいですからね!

もしかするとお父さんは外資系企業に務めている方か、会社を経営されているのかもしれませんね


スポンサーリンク


整形はしているのか?

1.37.18

この画像と

1.39.31

出典:南谷真鈴 公式facebookページ

ではすこし顔が違うのではないか?とおもわれている方がいますが「整形はしていない」でしょう

登山は体と心に大きな負担を背負わせてしまうので疲労感を感じると少し顔が下がってしまうんですよね。

「いじっている」わけではないですからね!

facebookのファンページもでき、定期的に情報を発信して行くようなのでこれからの活躍に期待しましょう

まだまだ19歳ですが7大陸最高峰完全制覇を達成され、今度の活躍が非常に楽しみですね^^


スポンサーリンク



関連記事

『平成3年生まれの黄金世代』1991年生まれの有名人エピソード

 平成の世になり早30年近くになります、気付いてみれば時代の流れも早く感じるものですね。  1

記事を読む

うつと躁を繰り返してしまう双極性障害が疑われる芸能人・有名人

双極性障害(双極性感情障害)は躁状態(そう)と鬱状態を繰り返してしまう気分障害に分類されています。

記事を読む

自分からは話すことができない!人見知りだと告白している芸能人・有名人

今回は「なかなか自分から話すことができない」、言って見れば自分が人見知りだと告白している芸能人・有名

記事を読む

くっさー!!ワキガ体臭とワキガ治療を受けたことがあると噂される芸能人

身近に居る人で「え!なんか臭い!」と思われる人っていますよね。 人間の鼻は顔の先端にあるので少

記事を読む

若いのにすごい!1990年生まれ(平成2年生まれ)で活躍している芸能人

「若いのにすごい!1990年生まれの芸能人」1990年というと今から28年前ですね。 平成2年

記事を読む

手洗いが止まらない・・・強迫性障害に悩まされている芸能人・有名人

今回は強迫性障害という病気に悩まされた経験のある芸能人・有名人についてお話していきたいと思います。

記事を読む

2017年度事務所から解雇宣告を受けた男性芸能人一覧

山本裕典さん 1988年1月19日生まれ エヴァーグリーンエンタテイメント所属し

記事を読む

「恋のから騒ぎ」塚越友子の今!心理カウンセラーの前は銀座のホステスだった

1973年11月14日生まれ、愛知県出身(生まれはスイス) 東京女子大学卒業

記事を読む

やっぱり健康が気になる?IQOS愛用の芸能人エピソード

IQOS(アイコス)とは『電気加熱式タバコ』というタイプで、煙の代わりに蒸気に含んだ成分を摂取する仕

記事を読む

【証拠写真あり】元女ヤンキーだった!女性芸能人の過去を大暴露!

今回は元ヤンキーだった女性芸能人を取り上げていきます。 不良として若い時を過ごした過去があって

記事を読む

実は帰国子女だった芸能人!カメレオン俳優、お笑い芸人、ミュージシャンetc..

親の海外赴任などで、幼少期や学生時代を海外で過ごした芸能人は意外と

学生時代に悲惨なイジメ経験を告白した芸能人とその衝撃エピソード

今は芸能界で輝かしい経歴をもち、活躍し続けている芸能人の中にも、小

将棋が強い芸能人ランキング!段所有者も!親が好きで将棋に関連した名前の芸能人とは

2017年は藤井聡太棋士が、プロデビューからの連勝記録をどこま

社会不適合者?発達障害(ADHD、ASDなど)を持つ芸能人をまとめてみた

発明王として知られるエジソンや、世紀の大天才アインシュタインは、ADH

芸能界にもいる料理男子!料理が上手い男性芸能人ランキング

テレビの料理番組や番組の料理コーナーで、自慢の料理の腕を披露する男

→もっと見る


  • スポンサーリンク


PAGE TOP ↑